不動産管理会社と仲介会社との違いについて

不動産管理会社と不動産仲介会社とは同じのように思われますが、違いがあります。

どんな違いがあるのかを知り、不動産会社選びの参考にしましょう。

ここでは、管理会社と仲介会社の違いについてまとめています。

●不動産管理会社とは

不動産管理会社と言うのは、賃貸物件の管理と維持を行います。

家賃の集金や入居者からの様々なクレームの対応、物件のメンテなどを行います。

仕事内容は、大家さんとの話し合いで決まるのでこれらすべてを行うというわけではありません。

大家さんとは管理業務委託契約を結ぶことになります。

管理会社は、管理委託料が収入源となります。

シティビルサービス札幌では、不動産管理業務を行っています。

●仲介会社とは

一方、仲介会社というのは大家さんから依頼を受けて賃貸物件の入居者募集から入居者が決定して賃貸借契約を結ぶところまでを行います。

家賃の集金やクレーム対応などは行いません。

仲介手数料が収入源となっています。

仲介手数料は物件1件につき家賃の1か月分が上限と決まっています。

仲介手数料に関しては、こんな記事も≫空き家取引活性化へ仲介手数料の上限緩和 国交省が告示改正を検討

●違いを理解しておこう

賃貸物件に入居した時に、何か困ったことがあって不動産会社に連絡したけど対応してもらえなかったという話をよく耳にしますが、それはもしかしたら仲介会社だったのかもしれません。

管理会社であればクレーム等にも対応してくれますので、仲介会社か管理会社かを知っておくと入居後に何かあった時に困りません。

シティビルサービス札幌は賃貸物件の管理を行っており、この会社が管理する物件に入居した場合は全て対応してもらえます。